自転車に乗りながらでも音楽が聞ける!「ネックスピーカー」

もの

2015年の6月に法律が改正されて、自転車に乗りながらイヤホンで音楽が聞けなくなって早3年。

「片耳だけなら大丈夫」という噂もまことしやかに流れたこともありますが、片耳でもアウトです。

スピーカーで音楽を流しながらの走行は良いみたいですが、周囲に聞こえるのは恥ずかしいですよね・・・。

先日の伊集院光の深夜の馬鹿力で、伊集院さんが自転車でも音楽が聞けて、音を周囲にぶちまけない、良さげな商品を紹介していたので詳しく調べてみました!

その商品は・・・

ネックスピーカー!!

Uの字型の、肩に掛けるスピーカーです。

ネックスピーカーのよいところ。わるいところ。

よいところ。

なんといっても、「周囲のことを気にせず、それなりの大音量で音を楽しめる」ところだと思います。

イヤホンやヘッドホンのように、耳に密閉するタイプではないので、音漏れはします

ですが、小さな音量でテレビを見ているレベル。

それに、イヤホンやヘッドホンのように、耳や頭を圧迫しないので、長時間付けていても疲れません。

悪いところ。

ただ、ネックスピーカーも300グラム前後あるので、肩こりの人には辛いんじゃないかなと思いました。

それに、小さいとはいえ音は漏れますので、電車の中など、密集して人のいる場では使いづらそうです。

ネックスピーカーを販売している主要メーカー

大手メーカーで販売しているのは、SONY、JBL、BOSEの3社。(中小メーカーを入れるとさらに数社あります。)

販売の先駆けとなったのはSONYですが、アメトーークで紹介されたことをきっかけに爆発的に人気が出て、ここ数ヶ月は品薄状態だったそうです。

ネックスピーカーの勢いを感じてなのかどうなのか、SONYに続いて販売を開始したのがJBLとBOSE。

という勢力図のようです。

それぞれの商品の特徴と違いは???

メーカー 接続方式 重量 持ち
時間
その他の特徴
SONY ソニー SONY ウェアラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1 ワイヤレス 335g 7h 高音質。
テレビと連動しやすい。
人気すぎて品薄&定価以上の値段で販売されているところもあり
JBL JBL SoundGear ウェアラブル ネックスピーカーBluetooth/apt-X 対応/31mm径スピーカー4基搭載 グレー JBLSOUNDGEARGRY 【国内正規品/メーカー1年保証付き】 bluetooth 370g 6h テレビでもスマホでも連動しやすい。
3つの中で重量が一番重い。
BOSE Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー bluetooth 260g 12h マイク付き。ボタンを押すと通話もできる。
BOSEの低音!

どれを使っても、それほど差はないのかなと思いました。
SONYだけbluetoothじゃないので、スマホ連動がやりにくそうです。

ちなみに・・・

伊集院さんが使っているのは、こちらの商品だと思います。↓↓

買うか、買わないか・・・

自転車に乗る時に音楽が聞けるのはいいなあと思うのですが、重量がちょっとネックかな。

首だけにネックかな!(ドヤァ)

・・・。

でも、家で映画や音楽を大音量で聞けるのは魅力的ですよね〜。

ゲームをやるときも迫力満点だろうなぁと思いました!